長崎皿うどんを作る

長崎皿うどんを作る

私は長崎県に住んでいます。

長崎県と言えばちゃんぽんですが、皿うどんも名物です。

長崎の皿うどんと言えば、パリパリ麺の皿うどんです。

パリパリ麺とは、細い麺を揚げた麺のことです。

ちょっとお菓子のような麺です。

以前は、このパリパリ麺に抵抗があって、皿うどんはやはり普通のちゃんぽん麺のような麺がいいなと思っていたのですが、最近はこのパリパリ麺も好んで食べるようになりました。

パリパリ麺の皿うどんは、野菜やお肉などをあんかけにしてパリパリ麺にかけます。

そのあんかけでパリパリ麺が柔らかくなったところが美味しいなと思い始めたのです。

この長崎の皿うどん、家でも作ろうと思えば作ることができます。

長崎ではパリパリ麺は普通にスーパーで買うことができます。

全国どこのスーパーでもパリパリ麺が販売されているのかは分かりませんが、おそらく九州のスーパーでは普通に販売されているのではないでしょうか。

そう珍しいものではありません。

そして、この長崎皿うどんを作ってみようと思い、先日作ってみました。

レシピはインターネットで調べました。

こういうときインターネットって本当に便利ですよね。

長崎皿うどんのレシピはいろいろとあったのですが、内容はどれもだいたい同じようなものでした。

作り方は、お肉や野菜を炒めて、それを砂糖、しょうゆ、鶏ガラスープ、和風だしで煮込み、水溶き片栗粉でとろみをつけると麺にかけるあんができます。

そのあんを焼いた麺の上にのせるというだけなのでとても簡単でした。

私が作った初パリパリ麺の皿うどんは、自分で言うのもなんですが、美味しくできました。

まあ、誰でも失敗なく作れるものなのかもしれませんが。

今までお店でしか食べたことがなかったパリパリ麺の皿うどん、自宅でも美味しく作ることができるようです。

もちろんお店で出されるものと比較することはできませんが。

費用も冷蔵庫の中にあった余った野菜を使ったので、それほどかかりませんでした。

野菜が残ったときなどは便利でいいメニューかもしれません。

経済的にも良さそうです。

なんでも作ってみるものだなと思いました。

チャレンジするということが大事なのかもしれませんね。

脱毛in梅田

美味しいごま豆腐

最近、美味しいと思いよく食べているものがあります。

それは、ごま豆腐です。

ごま豆腐は地域によって違うものなのでしょうか。

私が住んでいる長崎県のごま豆腐は、ちょっと甘めのごま豆腐です。

和菓子と言っても通りそうな感じです。

おかずとデザートの間という感じです。

私の家では、子供の頃、よくごま豆腐が食卓に出ていました。

豆腐屋さんが豆腐とごま豆腐を売りに周っていたので、その豆腐屋さんから母がよくごま豆腐を買っていたのです。

ごま豆腐を最初に食べたときは、あまり美味しくないと思ったので、それ以来好んで食べるということはあまりありませんでした。

そのとき食べたごま豆腐は、今食べているごま豆腐よりももっと豆腐の感じが強く、あまり甘くなかったような気がします。

豆腐屋さんは、跡継ぎがいないので、私が小学生の頃にお店がなくなってしまいました。

そして、それ以来、食卓にごま豆腐が出ることも少なくなりました。

なので、ごま豆腐にあまり良いイメージがなかったのですが、長崎に来てから、「ここのごま豆腐は美味しいのよ」と美味しいと言われているごま豆腐を頂きました。

ごま豆腐か‥と思ったのですが、せっかくなので食べてみたらそれがとても美味しかったのです。

ごま豆腐ってこんなに美味しかったんだと改めて気づきました。

それから、よくごま豆腐を食べています。

私がよく行くスーパーでは、いくつかのお店のごま豆腐が販売されていますが、どのごま豆腐もちょっとづつ味が違います。

また、ごま豆腐に味噌たれのようなたれをかけて食べるごま豆腐もあります。

この味噌たれが甘めで、ごま豆腐によく合って美味しいのです。

期間限定で抹茶のごま豆腐が一時期販売されていました。

この抹茶のごま豆腐は、和菓子のようでとても美味しかったです。

夏は特に暑いときに冷やして食べるととても美味しいです。

大人になって美味しさに気づくものってありますよね。

こんなにごま豆腐を好きになるとは思いませんでした。

今日もごま豆腐を食べようと思い、冷蔵庫で冷やしています。

まだまだ飽きないので、しばらくは食卓にごま豆腐が出ることが多くなりそうです。